水戸の出会い系出張体験談!前もっての段取りが大切

 

私はこのあいだ茨城県の水戸市に行った。東京に住んでいる私だが、たまには出張がてらに北関東に行くこともある。そこで、出張する前に出会い系サイトを使っておいた。利用したサイトはメルパラと言う準大手のサイト!

メルパラは地域から絞り込めるので出張先の周辺で、出会えそうな女性がいないかどうか、前もって検索しておいた。その女性を目当てに茨城県の出張で楽しんでみようと思った。

出会い系サイトはなかなか便利なもので、相手の顔も見ないで、メールでやりとりができる。もちろんメールアドレスを教えなくても、出会い系サイトや掲示板の機能でメッセージのやりとりもできる。恋愛メールやLINEも併用したいところだ。もちろん掲示板も最大限にチェックしたい。

キャバクラや風俗・ファッションヘルスで楽しんでいる男性もいると思う。しかし、むなしくないのだろうか。お金を払って行為をして終わり。こんなことに嫌気がさして、出会い系サイトを使うようになった。

それに、お金を払っただけの関係よりも、できることなら恋人や結婚相手も見つけられたらいいと思っている。そんな時は出会い系サイトぴったりなのだ。初めは使い方がわからない、と悩んでしまう人も多いだろう。その気持ちもわかる。しかし、わからなくても使ってみることだ。

出会い系でセックスしたい男性は、トライ&エラーを繰り返すことで、何となく使い方がわかってくる。わからないことがあれば情報もインターネットで、ゴロゴロ転がっている。

私はナンパをしたこともあるが、うまくいかないことも多い。しかもコミュ力のない男性には敷居も高く、失敗が続くと、精神的なダメージも大きい。それなら出会い系サイト、恋愛メールやLINEを使って、初めから出会い目的の女の子に的を絞った方が、精神的も傷つかなくてすむし。話もまとまりやすいのでおすすめなのだ。

今回出会った女子は掲示板に書き込んできた女の子。東京都内ではなく茨城に住んでいるという。特急電車で水戸駅に着いたの午後3時。水戸駅と直結している駅ビルに待ち合わせをしておいた。

改札を出てみると、約束をした女の子はすでに来ていた。顔写真は知っていたのですぐにわかった。さすがに待ち合わせをしている男女が多く、その中でナンパも繰り広げられている。

「こんにちは」

その女性は大学生。22歳で水戸市内の大学に通っているという育ちの良さそうな感じ。どうして出会い系サイトに何か登録したのと話を聞いてみると、

「何となく面白そうだったから。顔も知らない人とメル友になれるし、エッチなこともできるかもしれないと思って期待してた」と話しでいた。

その出会い系サイトのほかにもLINEやメールも使えるといっていたので連絡先を交換しておいた。「また、水戸にきたらまた私と会って」と話したり、「東京都内を案内してよ」と話したりしていた。

ファミレスでお茶をしながら、すぐに打ち解け合った。結局、水戸駅周辺から20分歩いたところのラブホテルに入り、激しく抱き合った。

わざわざ北関東にまで来て出会い系サイトが楽しめた。穴場のメルパラはこれからも利用していくつもり。この女性とは今でもメールを続けていて、メル友として認識してもらっている。もしかしたら深い交際になるかもしれない。

出会い系サイトで、もしかしたら結婚してしまうかもと思っている。出会いもないし情報がないと叫んでいる男女。出会い系サイトや恋愛メールやLINEを駆使して、真面目な恋愛は可能だということは常識になりつつあるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です